【必見】アフィリエイトのサイト審査に落ちる理由

こんにちは、けけです。

今日は、アフィリエイトについて書いてみようと思います。
335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_s.jpg


そもそもアフィリエイトをご存じない方のために一から。

アフィリエイトとは

私のブログにも貼ってあると思いますが・・・



↑こういうのよく見かけませんか?
ブログで紹介して、
そこから購入してもらうと、
紹介したブログの管理者に報酬が入る仕組みになっています。

このマンガのバナーも、
私がちゃんと登録しているので、
ここを押してマンガを買っていただくと、
私に利益が入るようになっています。

これがアフィリエイト。
報酬はその商品によりまちまちなので、
1件でも大きい利益のものもあれば、
1件あたり数十円とか数円のものまで様々です。





アフィリエイトはどうやるの?

商品を紹介して欲しい企業。
商品を紹介して利益を得たいサイト側。
この仲介をしているのがASPと呼ばれる会社です。

ASPは企業から広告を預かっています。
サイトの運営者はASPに登録をして、
その企業の一覧を見て、
『この商品を紹介したい!』と選びます。

企業側がこのサイトに紹介してもらいたいとOKを出したら、
サイトに広告が貼れるようになるのです。


そう、ここ。
ここの『企業側のOK』の部分を詳しく知らない方が多いので、
今日はこの点についてまとめます。



企業は広告を出して、
サイトに紹介してもらいたいわけですが、
全てのサイトに掲示して欲しいと思っているわけではありません。


載せる際には、サイトの審査がある場合が多いです。
なぜか。


①広告費の問題
広告を出せば出すほど企業の負担は増えます。
新しい広告を考えなければなりませんし、
季節によってバナーを差し替えたり、
金額が変わるたびに変更したりと、
企業側も作業が増えるんですね。



②効率の問題
1ヶ月に10件売れるサイトと、
1ヶ月に1000件売れるサイトがあれば、
企業は後者にお願いしたいのは当然ですよね。

同じ広告一つでこれだけの差がつくのであれば、
サイトを選定して、
より良いサイトに掲示をお願いしたいと思うはずです。



③企業のイメージの問題
端的に言えば、
アダルトサイトにガンガン広告を乗せている企業って、
どうしてもそういうアダルトなイメージがついてしまうわけです。

企業にとって広告がマイナスに働く可能性もありますから、
サイトに載せる際には審査がある場合が多いのです。




この審査に通らずに、
何故紹介できないのかと不満に思っている方も多いようなので、
サイト審査に落ちる典型的理由をまとめていきます。
8d71d26e46d69a463b29eff97abddb47_s.jpg


※あくまでも一般的な日常ブログをベースに書いています。
 取り扱う広告種類によっては変動しますので、
 ご参考程度に見てください。

アフィリエイト提携の審査に通らない理由

【目次】
①アダルトや出会い系の掲載がある
②記事の件数が少ない
③更新頻度が低い
④広告とブログ内容が合わない
⑤企業側の問題




①アダルトや出会い系の掲載がある

これはNGにしている企業さんは多いですね。
アダルトな内容のサイトさんや、
アダルト系の広告を貼っているサイトさんもNGです。

もちろんアダルト系の広告を取り扱うのであれば、
全然問題ありません。
むしろ歓迎されると思いますw


また、出会い系もNGが多いです。
婚活とか、結婚相談所とかそういったものも、
バナーが張ってあると審査に通らない可能性があります。


一度ご自身のサイトのバナーを確認してみましょう。



②記事の件数が少ない

サイトを立ち上げたばかりの場合に
よく引っかかるところですね。
記事の件数が少なすぎると、
内容が把握できませんし、
物理的に閲覧も増えないため、
審査が通らないことがあります。

この場合は、記事をある程度書いてから、
再申請すれば問題はありません。

内容のある、いい記事を書くように心がけましょう。



③更新頻度が低い

これも企業によりけりまちまちですが、
前回の記事から1ヶ月以上空いていたり、
1ヶ月に1回しか更新していなかったり、
こういった場合も審査に通らない場合があります。

更新頻度が低いと、
どうしても閲覧数も少なくなりますし、
いつブログをやめてしまってもおかしくないと
思われてしまうようですね。

1週間に1回は更新できるといいですね。
※アフィリエイトの収入を本気で考えたいなら
 1日3~4記事くらい書くつもりでやらないと稼げませんw




④広告とブログ内容が合わない

これは専門的な広告の場合よく見かけます。
ブログの内容と、企業の取り扱っているものが
あからさまに関係がない場合、
広告を出しても、そのサイトからの購買はないであろう。
ということですよね。

例えば、
自宅で飼っているペットのブログに、
住宅ローンの広告貼っても、
そこから住宅ローンの組んでみよう!と思う方って、
ほぼいないと思うんです。


そこからの収益が見込めなそうであれば、
乗せてもらうメリットはありませんよね。



⑤企業側の問題

アフィリエイト提携の申込が多すぎて、
一時的に制限を設けている場合があります。
この場合サイト側で出来ることはありませんので、
時間を置いて申請し直してみましょう。

ただ、この場合は基本的に、
提携の申請自体ができないようになっているケースがほとんどなので、
NG返答が来ることは少ないです。
申請したのにいつまでたっても、審査結果が返ってこない。
こういった場合は、この可能性を考えましょう。
また、返答があまりにも遅い場合は、
ASPに問い合わせてみましょう。





サイトの審査は様々ですし、
企業によって条件は異なりますので、
一概に言えるものではありませんが・・・

アフィリエイト提携の申請をしてみて、
お断りが入った場合は、
上記のような点を確認してみてください٩( 'ω' )و

とりあえずは通るかわかりませんから、
ひたすら申込をしてみるのが一番です(๑´ㅂ`๑)


アフィリエイトでの収益は、
小さなことをコツコツ積み上げていく作業ですから、
根気のいることですが、
一緒に頑張っていきましょう٩( 'ω' )و









↓ついでにポチッといただけると助かります(*'∀'人)↓

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント